給湯器交換のオート・フルオートの違いは藤沢の給湯器セール.comへ

給湯器セール.com

オート・フルオート

給湯器のオートとフルオートの違いとは?

オートタイプ、フルオートタイプのいずれから、一般タイプの追い炊き付き給湯器をお選びいただけます。
オートタイプとフルオートタイプの違いが分からないというお客様も多いので、この2つの給湯器交換についての違いを説明します。

オートタイプ

スイッチ1つで温度の設定や湯量通り自動でお湯はりを行うのがオートタイプです。
さらに自動機能をONにしておくと保温もしてくれて、お湯の温度が下がると自動で追い炊きもしてくれます。
オートタイプは機能が限定されているため、フルオートタイプと比較すると1万円程度費用を抑えることができます。

フルオートタイプ

スイッチ1つで温度の設定や湯量通り自動でお湯はりを行い、自動機能をONにしておくと保温もしてくれて、お湯の温度が下がると自動で追い炊きもしてくれるのはオートタイプと同じですが、自動たし湯機能があるのがフルオートタイプの大きな特徴です。
自動たし湯機能とは、浴槽の中の湯量が少なくなると自動でたし湯を行う機能です。
前に浴槽を使った人が、お湯をたくさん使用した時などはとても便利な機能です。
その他にもフルオートタイプには追い炊き配管の自動洗浄機能があり、浴槽の栓を抜いた際に、追い炊き配管をおおよそ5リットルのお湯で自動洗浄してくれます。

オート・フルオート機能比較一覧

給湯器には主に給湯専用、オートタイプ、フルオートタイプに分類されます。給湯器交換する場合は、基本的はこれまで設置していた後継機種を取り付けしますが、オートフルオートに関しては、交換する際に変更が可能です。
オートタイプよりも自動機能がたくさん搭載されているのがフルオートタイプです。下記では基本機能以外の自動機能の違いを比べています。

オート・フルオート機能比較一覧

オート設置事例

Before
After
Before
After
お世話になります。神奈川県・静岡県で営業している「給湯器セール.com」の岸です。
静岡県静岡市葵区にてリンナイ給湯器オート浴槽隣接設置タイプRUF-A1610SAと浴室リモコンBC-120Vの交換工事を致しました。
この浴槽隣接設置タイプとは浴槽の追い焚き穴が縦に2つ空いているタイプの事です。今現在の給湯器は1つ穴の設置フリータイプが主流ですが20年〜30年以上前の給湯器は2つ穴のタイプが主流でした。この二つ穴タイプですとユニットバスでの設置はほとんどなく床、壁がタイル張りの在来型浴室によく設置されています。
交換の機に設置フリータイプ(一つ穴)に変更するお客様もいらっしゃいますが、別途に循環金具の工事が必要になる為、特に不便がないお客様や家の建て替えを検討されている、お客様は工事費が抑えられる同じ2つ穴タイプに交換されるお客様も当社では多くいらっしゃいます。今現在の2つ穴タイプの給湯器も改良されていますので、湯あかの付着も付きにくなっていて、機能も1つ穴タイプと全く変わりません。
2つ穴タイプにもエコジョーズがありますが、こちらのお客様はお一人でお住まいの為エコジョーズではなく従来型にて工事させていただきました。給湯器の種類によっては選択種がございますので、どうぞお問い合わせください。

PageTop

給湯器セール.com